断熱材を知って家計に優しく

発砲ウレタンフォーム施工風景


省エネ住宅にするなら、家の断熱材が大事だとよくいいます。
でも、実際どんな種類があって、どんな効果があるのかご存知でない方も多いのではないでしょうか。
今回は家が建ってしまえば見えなくなるけれど、住居の快適性を支える、そんな断熱材の重要性等も説明していきたいと考えています。

●断熱材ってそもそも何なの?

断熱材は外の寒さや暑さを家に入れないための住宅建材です。
また、家の暖房や冷房を外に逃がしにくい効果もあり、そこから冷暖房機器の光熱費を抑える効果があるといわれるために、「省エネ住宅」にするには断熱材が重要だというわけです。

ではどういう原理でそうなるかというと、内部に気体を固定することで熱を伝えにくくしています。

ではどんな種類があるのかみていきましょう。

●断熱材の種類

空気を固定するのが断熱材と説明しましたが、固定方法は素材で異なってきます。
大きく分けると、「細かい繊維に空気を閉じ込める繊維系」と「独立した気泡の中に空気を閉じ込める発泡系」の2つ。

繊維系は「フェルト状」といわれる綿のようなもので、その他ボード状のものやばら状のものがあります。
一方、発泡系はボード状に成型されたものと現場で吹き付けるものなどがあります。

断熱材の形状

断熱材の種類

★繊維系断熱材

■グラスウール

高温で溶かした細いガラス繊維を加工したもので、流通量が多いため、わりと安価で購入できる。
不燃性なので耐火性能が高く、吸音材としても使用でき、シロアリの被害を受けにくいのが特徴。
しかし、隙間ができたり、脱落がおきたりする可能性や吸湿しない措置が必要。

■ロックウール

耐熱性に優れる鉱物を溶かし繊維状にした断熱材。耐火性に優れ、吸音材としても使用でき、シロアリ被害を受けにくいのが特徴。
グラスウールと比較すると少し高めで、こちらも脱落がおきたり吸湿しないよう措置をとる必要あり。

★木質繊維系

■セルロースファイバー

天然木質繊維を用いたもの。隙間なく施工できる断熱材で湿度を調整でき、吸音性能も期待できる。
専門の業者が施工するので現場ごとの性能差は少ないが、値段が高く、抑えのシートを傷つけると溢れてくるのでリフォーム際は注意する必要がある。

★発泡プラスチック系断熱材

■ビーズ法ポリスチレンフォーム

ポリスチレン樹脂に発泡剤などを加えてビーズ状にしたものを発泡させたもの。
断熱性能が高く性能低下が小さい。比較的安価で雨に濡れても性能低下をおこしにくい。
ただし、繊維系断熱材と比較すると高価で熱に弱く、傷がつきやすいデメリットがある。

■押出法ポリスチレンフォーム

ポリスチレン樹脂などに、難燃剤や発泡剤を混ぜ、押し出しながら成形した板状のもの。
断熱性が高く、吸湿しにくいのと施工性が高いことが特徴。
やはり繊維系と比較すると高価で、経年劣化をおこしやすい。

■硬質ウレタンフォーム

細かい独立気泡で形成したもの。断熱性能が高く、硬いので衝撃に強い。
一方、性能の低下が大きく、硬いので施工が容易ではない。

■フェノールフォーム

フェノール樹脂に発泡剤などを加えてボード状にしたもの。
断熱性能が高く、発泡系の中では防火性に優れ、経年劣化が小さいのが特徴。
しかし高価で衝撃に弱く、吸湿性や吸水性が気がかり。

●断熱材の施工方法

断熱材の種類を説明しましたが、施工方法も色々あるため、紹介します。

★充填断熱工法

柱と柱の間に断熱材を入れたり、機械で吹き込む工法。
比較的安価で用いる素材の種類が多く、外壁の仕上げに影響しにくいのが特徴。

★外張り工法

柱の外側にボード状の断熱材を取り付ける工法。
断熱材で全体を覆うため気密性が高くなるが、施工コストが高く壁に厚みがまして敷地が小さいと難しい可能性がある。

★吹込み工法

ばら状の断熱材を天井裏や壁の空間に機械で吹き込むものをいう。

●断熱材の選び方

断熱材には多くの種類や施工方法がありますが、まず気にしないといけない部分は「隙間がないか」ということ。
隙間ができてしまえば、せっかく断熱性能が高いものを使用しても効果が下がってしまいます。

断熱材の特徴や工事方法等しっかり知識がある施工業者を選ぶようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知って得する記事

  1. 住宅ローンの審査基準イメージ
    住宅ローンを誰でも借入れできるわけではありません。 だからこそ、住宅ローンが通るか通らないか、ドキ…
  2. 賢く住宅ローンを受けるためにはイメージ
    賢く住宅ローンを組むためには、どうすれば良いのでしょうか。 これから住宅を購入する人にとっては、住…
  3. なぜ家が売れないのか
    家を売ることになり、不動産会社に売却をお願いしたはいいものの、すぐに売れず悩んでいる方も多いのではな…

女性におすすめ記事

  1. 赤ちゃん

    2015-12-14

    子育てを考えたリフォームの間取り

    新築で購入したマンションではなかなか思い切れない間取りの変更が比較的しやすいのも中古マンションのいい…
  2. 女性の画像

    2015-12-13

    女性向けの住宅ローン

    住宅ローン審査で単身女性は本当に不利になるのか?女性のすべき審査対策 母子家庭や独身女性だと住宅ロ…
H・DIYホームバナー
西京区地域情報

ピックアップ記事

  1. DIYリフォーム

    2017-2-6

    リノベーション住宅ってなに?

    最近よくリフォームと一緒に目にする「リノベーション」。 いったい何を指すのかご存じですか? …
  2. 住宅ローンの流れイメージ

    2016-12-24

    住宅ローンの手続きって何するの?手順は?

    高額の住宅ローンを組む時は誰しも不安になるものではないでしょうか。 特に、経験のない方も多いでしょ…

家の豆知識

  1. 女性イメージ

    2015-12-14

    中古物件のリフォーム目安

    そもそも、中古を買ったら必ずリフォームって必要なのでしょうか? ○壊れてから手をいれるか、…
  2. お金を持つ男性イメージ

    2015-12-13

    自己資金ってどれくらい必要

    自己資金っていくらに用意すればいいの? 住宅を購入するときは、住宅ローンと自己資金のバランスを考え…
  3. 祭壇

    2015-12-13

    地鎮祭の内容って何?

    地鎮祭のやり方 最近は、地鎮祭をしない施主さんも増えてきており、神主さんを呼ばずに簡易の形で済…
ページ上部へ戻る