工務店の選び方

間取りイメージ


一概に工務店を比較することは難しいです。

工務店には、様々な形態があり,またそれぞれの会社の規模や内容の違いによっても、「これが同じ工務店か」と思うほど各社の違いが大きいからです。

ですが、工務店選びの知識として一般的な考え方を紹介いたします。

 

(1)コスト

住宅を依頼する工務店は、現場の維持管理コストを安い規模の小さな会社が多いために、安い価格で建てることができます。
また大手ハウスメーカーのような仕様制限がないため、都市部の狭く複雑な形の土地でも安く建てることができます。

施工期間も、建築家の建てる家ほどはかかりませんので、建築中の仮住まいなど建物にかかる諸費用も低くできます。
工務店で家を建てる一番のメリットは、価格面でのコストパフォーマンスの良さです。

しかし、土地の購入も合わせてする場合は、工務店の設計能力や施工力によっては、土地に合わせた設計・施工が出来ない場合もあります。
そうした場合の追加施工費などによって価格の面は、ハウスメーカーと並ぶ場合もあります。

 

(2)設計の自由度とデザイン

注文住宅の場合ハウスメーカーと違って、自由度が高く法令・予算以外の制約を受けることはありません。
つまり、本来は建築家で建てる家と同様の設計自由度があるわけですが、実際はそうとは言い切れません。

工務店の主業務はあくまでも設計ではなく施工であり、また工務店は保守的な傾向がありますので、
使い慣れた素材や施工の効率、自社が安く仕入れられる素材にこだわる傾向があり、結果として設計が大幅に制約されることもあります。

また、フランチャイズに加入していたり、特定工法・設備を前面に押し出している工務店は、ハウスメーカーと同様に仕様のレベルで設計の制約を受けます。

デザインに関しては、好き嫌いを除いても、それこそピンからキリまでといえます。
全くデザインに気を配らない工務店から、建築家顔負けのデザイン力を持った工務店まであります。

しかし、例外をさておくと、理論的にはデザインを専業とする建築家よりはデザイン力は劣ると考えてよいでしょう。

 

(3)品質

ここでは、「欠陥住宅になりにくい」「手抜き工事を防ぎやすい」という視点で品質を考えて見ます。
欠陥住宅を防ぐためには、「監理」という役割が重要になってきますが、工務店で建てる家の場合、監理をする方とされる方、つまりチェックする方とされる方が同じ会社であるため、チェック機能は働きません。

建築士のいない小さい工務店では知り合いの建築士に名前だけを借りる「代願」という習慣が一般化しており、監理者が現場に一度も来ないことさえ少なくありません。

しかし、だからといって工務店の家が欠陥住宅になりやすいという結論は早計です。

そもそも日本では監理という概念が生まれるはるか昔から、工務店の前身である大工の棟梁が責任施工を行ってきましたので、第三者にチェックされなくとも「職人のプライドにかけて手抜きはしない!」というような心意気やそれを裏付ける技術をもった工務店も少なくありません。

また、もともと地域密着型の産業である工務店は、地元での評判を落とすような行為を簡単にできるものではありませんし、実際に工務店の経営者は、人のいい素朴な方がほとんどです。

問題は、チェック機能が働かない以上、一部の悪質な業者への歯止めがなく、建て主は「信じられるか否か」という心証のみを頼りに判断をせざるを得ないことであり、その事そのものが工務店の家のデメリットといえます。

業界側の自主的な自浄努力が待たれるところです。

 

(4)保証

施工者は、品確法によって竣工後10年間の瑕疵保証や、住宅瑕疵担保履行法によって資力確保措置(瑕疵保険への加入または保証金の供託)が義務付けられており、それはどの依頼先でも変わりありません。

また、20年保証など、会社によって独自の保証をつけている場合もあります。

 

(5)ローンの組みやすさ

工務店と銀行は、昔から協働関係にあり、流れ作業的にスムーズにローンを組むことが可能です。
また、ある程度の規模の工務店は、ローンを組む作業さえ代行してくれます。

ただし、最近では話を持ち込んだ工務店よりも、借りる本人の信用の方がはるかに重視されますので、最終的に借りられるかどうかはあくまでも建て主本人の信用次第ということになります。

上記の基本知識を踏まえて実際に工務店やハウスメーカーを選ぶときのポイントを見てみましょう!

 

 

○ハウスメーカー・工務店の選び方-その1

住宅展示場へ行けば、沢山のモデルハウスが並んでいます。

モデルハウスでなにをチェックしますか?

広い玄関を入れば、その向こうには大きな吹抜けのリビング。
スカーレット・オハラが2階から降りてきそうな豪華な階段。
最新のシステムキッチンにシステムバス。

モデルハウスには夢はありますが、現実はありません!それらは何の参考にもなりません!

モデルハウスでチェックすべきは、そんなところではありません。

収納の中をチェック!

モデルハウスには、あちらこちらに作り付けの収納があります。
モデルハウスに行ったら、それら収納の扉を、全て開けて見るのです。
自分の家でもないのに収納の扉を開けて覗くなんて、 なんとなく気が引けるかも知れませんが
人に見せる目的のモデルハウスなのですから、 気にせずドンドン開けましょう。
収納には、カタログのストックが仕舞ってあったりします。

この収納の中の備品がチェックポイントです。

綺麗に整然と置いてあるモデルハウスもあれば、雑然と置いてあるモデルハウスもあります。

同じ会社であっても、モデルハウスによってちがいます。

事務所には納まらず、仕方なく置いてあるのかも知れませんが、もし、私がそのモデルハウスの店長であれば、人目に触れるかも知れないのに、絶対に雑然とした状態にはしません。

綺麗に整然と置いてある場合は、もしかしたら事務員の女性が気を利かせてくれているのかも知れないので、その事で、店長がどういう人かは分かりません。

でも、雑然とした状態であれば、 その店長は間違いなく細部に気を回すことができない人です。

その店長の部下である営業スタッフが あなたの担当をする事になるのですが、細部に気の回らない店長から、社員教育を受ける営業スタッフにはたして、あなたの家づくりを託すことができるでしょうか?

住宅営業に絶対的に必要な素養は、細部への気配りです。

施主の言葉の端々や、ちょっとした仕草などから、色々な事を察して、的確なフォローをしていかなくてはなりません。

収納の扉を開けて、雑然と置かれたカタログのストックを見つけたら、それが、すべてを物語っているのです。

平日のモデルハウスをチェック!

通常、住宅展示場へ行くのは土日です。 でも、わざと平日に行ってみます。
特に平日の午後が良いです。

なぜかと言うと、平日の午後は 営業スタッフはお客さんの所に出向いたりして、出払っている場合が多く、モデルハウスには事務の女性しかいません。

すると、事務の女性が来場者を接客することになります。

これがまた、事務の女性もモデルハウスによって様々です。

中にはロクに接客もできず、 質問にもほとんど答えられない人がいます。
まだ、入社したてなのかもしれませんし、 その事だけでは何も判断する事はできません。

ところが中には、接客態度もすばらしく、 テキパキとモデルハウスを案内してくれて、質問にも、営業職と遜色ないほどに答える事ができる人がいます。

そこに長く勤めていれば、ある程度は接客できるようになりますが、そんなレベルを超えている人が、たまにいます。

それは、間違いなく店長が仕込んだのでしょう。

つまり、社員教育が行き届いているかどうかが分かるのです。

その店長が事務の女性までしっかり教育をしているという事は当然、部下の営業スタッフも、しっかり教育されているはずです。

その会社が、どんなに立派な理念を掲げていたとしても、ハウスメーカーのように会社が大きければ、 末端までそれを徹底させるのは難しくなります。

そして、末端に行き渡らせる役目をしているのが店長です。

モデルハウスの裏側をチェック!

住宅メーカーでは、どこに行っても大概 「弊社の家は高断熱高気密です」と言います。
皆、どこも同じように言うので、 素人には判断が付きません。

でも、素人でも簡単に判断できる方法があるのです。
モデルハウスへ行くと、普通は玄関側しか見ません。

そうではなくて、裏側をチェックするのです。

するとそこには、エアコンの室外機が置いてあります。

モデルハウスによっては、業務用の大型の室外機が4~5台置いてあります。

つまり、そのモデルハウスを冷暖房するためにはそれだけ強力なエアコンが必要だという事です。

ところが中には、小さな家庭用の室外機が4~5台置いてあるだけで、
全館、冷暖房しているモデルハウスもあります。

エアコンの室外機で断熱性能が分かってしまうのです。

モデルハウスは表から眺めるだけではなく、裏側も、ぜひチェックしてみてください。

 

○ハウスメーカー・工務店の選び方-その2

※ 決裁権のある人に会う

その会社がどういう会社なのか、 それを決定づけているキーマンが必ずいます。

必ず、キーマンには会っておくことをお勧めします。

決裁権のある人がどんな人なのかによって、いざと言う時の対応が、全く違います。

小さな工務店であれば、キーマンが誰か簡単に分かります。それは、社長です。
社長が全ての決裁権を持っています。

社長がどういう人かを見れば、 その工務店がどんな工務店なのか察しが付きます。
これが、ハウスメーカーの場合は、そのエリアを統括している営業所長になります。

もし、何かトラブルがあった時に、 その対処方法を決定するのは営業所長です。
その決裁権を持っている営業所長に会って、 どんな人物なのかを確かめておいた方が良いでしょう。

担当の営業スタッフに
「営業所長に会って、家づくりに関する考え方を聞きたい」 と要望して、会わせてもらうのです。

営業所長も全てのお客さんに合っていたら大変ですが、
そんな事を要望する人は、まずいませんし、 1組や2組のお客さんに会う事ぐらい、何の問題もありません。

むしろ、自分の話を聞いてもらって、 受注の可能性が高くなるのでしたら、 喜んで会ってくれるでしょう。

特に、営業所長を務めるような人は、 かつて、営業職としてトップの成績を収めていたような人ですから、受注につなげられる自信もあります。

ところが、「個別に客に会う事はしない」 という営業所長だったらどうでしょう?

当然、そのような事を言う営業所長でしたら、 お客さん一人一人を大切にしようなんて考えはありません。

営業担当者がどんなに良い人であったとしても、 即、候補から外すべきです。
また、決裁権のある人に会っておく事で、 いざという時の担保にもなります。

1回でも面識があれば、情が移るものです。

口約束でもいいので、 「もし何かあれば、私が何とかします」 何て言葉を引き出しておけば、しめたものです。

 

○ハウスメーカー・工務店の選び方-その3

※ 現場の職人に会う

家に来客者があった時に、家の中で、あまり人に見せたくないところってどこですか?

多くの方が、キッチンだと答えるでしょう。

なぜなら、キッチンをいつも綺麗にしておくことは難しく、キッチンを見られると、素の自分が見られてしまうような気がするからです。

ハウスメーカーや工務店の場合、それが工事現場なのです。
工事現場はぜひ見ておきましょう。

ただ、予め来客者がある事を分かっていれば、その時に合わせて、キッチンを綺麗にしておく事ができます。

それと同じで、現場も来場者向けに準備して、素の状態がうかがい知れなくなってしまいます。

ですから、抜き打ちで行くのが良いです。

では、工事現場でどんなところをチェックしたらいいのか?

職人さんの人柄をチェック!

家づくりには大工さんをはじめ、基礎業者、屋根業者、外壁業者、水道業者、電気業者など、色々な職人さんが携わります。

私はこれまで、何十人(もっと多いかも知れません)もの色々な職人さんと一緒に仕事をしてきましたが、腕のいい職人に一つだけ共通している事があります。

それは人柄です。

ちょっとシャイだったり、ちょっと頑固なところがあったり、いつもにこやかにしていたり、頼り甲斐のある雰囲気を醸し出していたり、人それぞれタイプは様々ですが、決まって人柄が良いのです。
職人さんですから、担当の営業職とは違い言葉は多少ぶっきらぼうだったりする事もありますが、 良い人だなというのを、沸々と感じます。

人柄が悪くて腕の良い職人というのには会った事がありません。

現場の清掃状況をチェック!

先にご紹介したように、職人さんの人柄をチェックするといっても、
なかなか話し掛けるのには抵抗を感じるという人もいるでしょう。

そういう方は、現場の清掃状況をチェックしてみましょう。

以前、私が現場監督をしていた時、お施主さんや見込み客の人たちが、いつ現場を見に来てもいいように、常に現場を綺麗にしておこうと試みました。

毎日、屋内はもちろん、建物の周りや前面道路、仮設トイレを掃除して工事で出た残材は、毎日その日の内に処分するようにしたのですが、なかなか綺麗な状態を保っておくことができません。

常に綺麗にしておくためには職人さんにも協力してもらわなければ不可能です。

ところが、職人さんはなかなか言う事を聞いてはくれません。

一仕事終えたら必ず廻りを掃除するように指示すると、とりあえずその場では、分かったと言ってくれるのですが、次の日、現場に行くと、残材が散乱している有様です。

職人さんにとって見たら、掃除をしてもお金にはならないし、早く工事を完成させたいという事しか頭にないので掃除することの大切さを理解してもらうのには、本当に苦労しました。

ですから、その現場の清掃状況を見ればその会社が、どんな姿勢で家づくりをしているのかが、なんとなく伺えるのです。

現場を綺麗にしておこうという意識が無いところは論外ですが、いつ行っても現場が綺麗なところであれば、職人さんの教育が行き届いているという証拠です。

家を建てる会社を選ぶことは、外面や知識だけに頼っていては正解にはたどり着けません。
あなたの家を任せられる信頼できる会社は、足を運んで話を実際にして信頼関係を作れないと失敗してしまします。
ぜひ、積極的に動いて満足のいくお住まい作りをめざしてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知って得する記事

  1. 建物構造
    物件概要をみると「木造」とか「RC造」といった表記を目にする機会があるかと思います。 建物構造とは…
  2. 独身でも家を買える
    「独身で家を買ったら結婚できない」そう信じている人が、まだまだ多いのではないでしょうか。 この…
  3. 住宅ローンの審査基準イメージ
    住宅ローンを誰でも借入れできるわけではありません。 だからこそ、住宅ローンが通るか通らないか、ドキ…

女性におすすめ記事

  1. 赤ちゃん

    2015-12-14

    子育てを考えたリフォームの間取り

    新築で購入したマンションではなかなか思い切れない間取りの変更が比較的しやすいのも中古マンションのいい…
  2. 女性の画像

    2015-12-13

    女性向けの住宅ローン

    住宅ローン審査で単身女性は本当に不利になるのか?女性のすべき審査対策 母子家庭や独身女性だと住宅ロ…
シングルアップホームバナー
西京区地域情報

ピックアップ記事

  1. なぜ独身で家を買ったのか

    2017-11-11

    シングルアップアドバイザーが『独身で家を買った理由』

    ネットなどを見ていると、家を買いたいけど1人で買っていいのか悩んでいる方も多いように拝見しました。 …
  2. 独身の家イメージ

    2017-11-9

    独身で家を買うならマンションor戸建て?

    賃貸生活が続き、毎月の賃貸代が気になってくると独身でも家の購入を考える方が増えてきます。 その時に…

家の豆知識

  1. 女性イメージ

    2015-12-14

    中古物件のリフォーム目安

    そもそも、中古を買ったら必ずリフォームって必要なのでしょうか? ○壊れてから手をいれるか、…
  2. お金を持つ男性イメージ

    2015-12-13

    自己資金ってどれくらい必要

    自己資金っていくらに用意すればいいの? 住宅を購入するときは、住宅ローンと自己資金のバランスを考え…
  3. 祭壇

    2015-12-13

    地鎮祭の内容って何?

    地鎮祭のやり方 最近は、地鎮祭をしない施主さんも増えてきており、神主さんを呼ばずに簡易の形で済…
ページ上部へ戻る