不動産売却のコツ

女性


売却を考えるならもちろん「すこしでも高く売りたい!」と誰もが思うところ。
でもどうすれば高く売れるのか?「駅から近い」、「築年数が浅くてきれい」こうした物件の条件はじぶんではどうしようもないですが、全ての物件に共通したコツがあります。

コツを必ず把握し、適正価格での売却成立を成功させましょう。

○見学依頼への準備

売却を始めて一番初めにしないといけないのは、見学依頼への準備です。
購入希望者があらわれた場合は、まず初めに売却される物件を実際に見学しにやってきます。
そのとき、やはり第一印象が大事になります。 いらないものを片付け、整理整頓するだけで室内が広く見えますし、照明を変えるだけで明るい部屋の印象になります。
また、平日の昼間など誰も居ない時に突然見学依頼が来ることも考えられます。 そういった時に備えて、いつでも部屋をキレイに掃除しておくことも大切です。せっかく見学に来てくれた購入希望者です。
チャンスを逃してはもったいないので、できる限り見学依頼にこたえられるようにしましょう。

○不動産売却の時期

一般的に不動産売買の繁忙期は2月~3月といわれています。
4月は新年度が始まることもあり、お子さんの小学校入学前になどの理由や転勤による引越しなど多くなるためです。
そうすると必然的に2月~3月の時期の物件に需要が集中するので高値がつきやすくなります。

実際の購入者は、検討に数ヶ月かかりますので売却開始は11月~12月頃を検討するといいのではないでしょうか。

○売主の印象

売主の印象 物件見学の案内の際、売主の印象も不動産売却に大きく繋がります。
購入希望者にとっては一生の住まいになるかもしれないので、売主の対応が無愛想だったり悪いと購入を思いとどまることになりかねません。
また、売主の丁寧な対応で大切にされてきた家という印象をうけ、家自体が魅力的にうつりやすくなります。

売却される物件の魅力を一番よく知っているのはやはり売主です。実際に住んでみないとわからないことも多いので質問には積極的に答えてあげましょう。

しかし、担当営業マンより積極的になりすぎると、「売り急いでいる」という印象を持たれ値引きへと繋がる可能性もありますので注意が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知って得する記事

  1. 住宅ローンの審査基準イメージ
    住宅ローンを誰でも借入れできるわけではありません。 だからこそ、住宅ローンが通るか通らないか、ドキ…
  2. 賢く住宅ローンを受けるためにはイメージ
    賢く住宅ローンを組むためには、どうすれば良いのでしょうか。 これから住宅を購入する人にとっては、住…
  3. なぜ家が売れないのか
    家を売ることになり、不動産会社に売却をお願いしたはいいものの、すぐに売れず悩んでいる方も多いのではな…

女性におすすめ記事

  1. 赤ちゃん

    2015-12-14

    子育てを考えたリフォームの間取り

    新築で購入したマンションではなかなか思い切れない間取りの変更が比較的しやすいのも中古マンションのいい…
  2. 女性の画像

    2015-12-13

    女性向けの住宅ローン

    住宅ローン審査で単身女性は本当に不利になるのか?女性のすべき審査対策 母子家庭や独身女性だと住宅ロ…
H・DIYホームバナー
西京区地域情報

ピックアップ記事

  1. DIYリフォーム

    2017-2-6

    リノベーション住宅ってなに?

    最近よくリフォームと一緒に目にする「リノベーション」。 いったい何を指すのかご存じですか? …
  2. 住宅ローンの流れイメージ

    2016-12-24

    住宅ローンの手続きって何するの?手順は?

    高額の住宅ローンを組む時は誰しも不安になるものではないでしょうか。 特に、経験のない方も多いでしょ…

家の豆知識

  1. 女性イメージ

    2015-12-14

    中古物件のリフォーム目安

    そもそも、中古を買ったら必ずリフォームって必要なのでしょうか? ○壊れてから手をいれるか、…
  2. お金を持つ男性イメージ

    2015-12-13

    自己資金ってどれくらい必要

    自己資金っていくらに用意すればいいの? 住宅を購入するときは、住宅ローンと自己資金のバランスを考え…
  3. 祭壇

    2015-12-13

    地鎮祭の内容って何?

    地鎮祭のやり方 最近は、地鎮祭をしない施主さんも増えてきており、神主さんを呼ばずに簡易の形で済…
ページ上部へ戻る